つれづれみちづれ

大概毒。突然語り出す可能性

忘れたくないことは思い出に

27歳の美しい女性が会議室を退出した瞬間、私の9月8日15時~16時50分の間にあったことは全て思い出になり始める。

 

幸せのイメージは 捉えた瞬間過去になる

 

わかるけどわからない歌詞が、昨日はなぜかよく分かった。なんでかわからないけど。

 

大好きな人と2時間近くお話することは私にとって奇跡でしかなかった。

ジャケ買いしたCDの話。歌詞の話。愛猫の話。全てが幻覚なんじゃないかと思った。夢なんじゃないかと思った。現実な気がしなかった。最後の記念撮影も、握手も、全て私の手元にないから私はそれを現実だとあまり思えていない。握手した感覚は確かにあった。美しく細い手に、私の赤ちゃんみたいなブクブクした手が包まれた瞬間を覚えている。何度もリリイベに行ったので、おそらく幾度となく繰り返してきた行為だったはずだ。けれど2時間話し続けた後の握手は意味が全然違って、私はなんだか泣きたくなった。

 

彼女の目頭の青と、ティファニーブルーの爪と、魔法の言葉を忘れないようにTwitterで喚き散らした。 どうせいつかはみんなに知られる内容だけど、今はまだバレてはいけないから、ファンを誰もフォローしていない鍵のかかったアカウントで必死に喚き散らした。忘れたくない。忘れたくない。その思いだけで書き連ねた。ティファニーブルーの爪は右手人差し指だけ私と同じ爪の色で、この人はきっとずっとギターを弾いているのだと思った。

忘れたくない。出来るなら、思い出にすらしたくない。ずっとずっとあの時間が続けばいい。それが許されないから、忘れないように思い出にする。

 

次いつ会えるかはわからない(チケット取れなかった)けど、会えたら「この間はありがとうございました」と言って、手紙を渡すつもりでいる。覚えてくれているといいな。

早く会いたい。

 

寝たい

寝たい。ひたすら寝たい。寝たらいいだろって言われると思う。でもなんか違う。具体的に言うと学校に行きたくない。学校に行けば楽しい。でも学校に行くまでがあまりに長い。この時間寝たいって死ぬほど思う。

家から駅まで徒歩で15分。そこから20分程度電車。次に徒歩で5分。そこから別の電車に15分程度。そこから学校まで5分程度。計およそ1時間。片道。往復にすると2時間。2時間あれば何が出来る?

 

2時間寝れる。

 

寝たい。1分1秒でも長く、寝たい。2時間。寝たい。

学校に着いてから大抵6時間授業。50分×6、毎時間休憩時間は10分。昼食時にはプラスで30分。60×6+30=390。6時間半。6時間半あれば何が出来る?

 

6 時 間 半 も 寝 れ る 。

 

めちゃくちゃ寝れるじゃん。6時間半にプラスして2時間。8時間半。8時間半寝れる。天国。

でも寝れない。万が一ズル休みでもしようものなら罪悪感で一睡も出来ない。1時間も寝れない。1分意識が飛んで終わり。8時間半寝ることは私には不可能。しんどい時は今すぐ解放されたい…って思うから8時間半を楽しむことも出来ない。

そう、私は

 

公的な理由で正々堂々8時間半寝たい。

 

以上です。ちなみにテスト期間は1時ぐらいに帰ってきてそこから4時間半ぐらい寝てました。

ジャンルのいのちのみじかさ

とある記事をお見かけした。某ジャンル撤退をするに至った経緯が書かれた記事だ(この記事におけるジャンル、というのは同人界隈で用いられるジャンルという括り方。同人では作品名がそのままジャンルということになる)。

私もそのジャンルに足を踏み入れ、ジャンル内に蔓延る諸問題に不快感を覚えてそこから撤退した。若い層が諸問題を見て見ぬふりして擁護していたのも理由の一つではある。

自分が達観しているとかそういうことは全く思っていないけれど、私は比較的年齢層が高め(成人済が多い)ジャンルにどっぷり浸かることが多い。たとえばゲームはソシャゲよりは通常のソフト(Vitaで出てるようなやつ)。一気にお金を出さなければいけないからか、若い層は近年あまりソフトを買っていない気がする。知らぬ間に敷居が高くなったソフト系ゲームのジャンルは、だいぶ20歳以上が多いような気がする。私の学校は学校の特性上オタクが多いが、私の周りで私がハマっているゲームをしているのは20を過ぎたある先生ただ一人。誰に聞いても「あっ、主人公がかっこいいよな!気にはなってるけど高いからな〜」と言われる。アニメやるので見てください。

 

とまあ、あまりソシャゲ界隈に足を踏み入れたことがない私がクラスメイトやTwitterをそれなりに観察して思ったのは、1ジャンルの命が随分と短くなったということだ。元より1クール毎に沼を変えて生きていくような人は一定数いたが、ここ何年かでグンと増えた印象を受ける。

ではなぜソシャゲが流行ったらジャンルの命が短くなるのか。私なりの意見を述べさせてもらう。

 

  • ソシャゲ=終わりがない ので挫折する
  • 激戦区なのですぐに人が入れ替わるし流れが早いのでいくつも並行するのも大変
  • そもそもソシャゲを作っているのも我々と同じ人間なので永遠に同じクオリティのことを出来るわけではない
  • 基本的にソシャゲはリリースしたら一気に人が集まるからすぐに燃やそうとする人が出てくる
  • 無料で出来るからよっぽどな課金をしない限りはすぐ消せる

 

以上だ。どうだろうか。これは私が体感したものも含んでいる(特に一番上)。

 

まあリストアップしたところでだからどうしたでしかないとは思う。私も今だからどうしたと思っている。ただ本当にこの世界には盛者必衰がお似合いな言葉だなと思う。皮肉とかではなくて。

 

この先、シリーズになってでも10年、15年と続いていくソシャゲはあるのだろうか。